モヒートの話

夏がやってまいりました、そう、ラムが美味しくモヒートが美味しい季節!

昨今、有名ブランドのバカルディが缶入りモヒート発売したりで、さかんにプロモーションも
展開していますね、わがMAMBO BARではバカルディのモヒートは基本やっていないのですが、
世間様にこうやって広まるのはいいことです。

モヒート、はじめてキューバにいった2003年か、日本のスタンダードレシピとは全然ちがう
ゆる〜いモヒートの驚いたけど、そのころはそのモヒートとここまで深い付き合いになるとは思いもよりませんでしたね。



e0112048_17281830.jpg




必ずストローつけて出すのですが、やはり日本人的にはストローというのは子供ぽいイメージがあるのか、外す方が多々いらっしゃる、まあうんちくに聞こえるかもしれませんが、
ストローで飲むのが実はポイントなのです。

グラスの下から飲む、そう、下にはまだ溶けていない砂糖があるから。
よくサトウキビシロップ使用してるところなど多いのですが、うちは砂糖、ちゃんとというかおそらくカリブ海産の砂糖。
甘くするというよりは。どちらかというと砂糖の風味を楽しむために入れるです。
ストローで沈殿した砂糖とモヒートが口の中で混ざり合うのが、醍醐味なんです。
ま、好きに飲んでいただいて構わないのですが。

キューバではステアもさしてしない、場合によっては材料順番に入れてそれで終わりだったりもする、最後にアンゴスチュラビターズで香り決めて完成!ゆる〜いモヒートが。


、、、、続く!
[PR]
by mambo-bar | 2012-07-09 17:55 | MAMBOBAR