ラム酒のイベント

昨日、6/3日曜日に”サトウキビ酒フォーラム”というのに行ってきました。

久しぶりに渋谷へ、友人のアイリッシュパブ、タラモアのオーナー夫妻、銀座のバー、ときのマスターらと合流!


e0112048_20162070.jpg









サトウキビ酒ということで、カリブ海のラムを中心に、ブラジルのカサーシャ、沖縄の黒糖焼酎などがテーマ、で試飲出品とそれぞれの酒種についての講演、カクテルの実演などがあった。


今回で2回目なのだそうだが、非常に珍しいテーマだし、ラムと言えば!もちマンボバーとしては興味津々。
講演もされた都内の有名ラムバーの方々とかがおそらく中心になられて運営されたのでしょう、僕としてもぜひ応援していきたいところで、今後も盛り上がっていったら素晴らしいでしょうなあ。



ラム酒について少々不明だった点なども知る事ができたのと、なんといっても、沢山試飲ができた。

試飲タイムは約一時間、さすが飲みきれなかったな、ブラジルのカサーシャなどもっと飲んでおけばよかった。

キューバのラム、サンチアゴ・デ・クーバなどが最近輸入されており、その25年も飲めた、なんと参考上代は6万円なり。

これだけ続けざまにいろいろ飲むとさすがにもう区別がつかない状態、チェイサーにミネラルウォーター持参したのは幸いだった。

カリブ海は仏領のマルティニーク島から、有名なラム、トロアリビエールの輸出部長さんもいらして講演してた。


e0112048_20462487.jpge0112048_20464926.jpg

























僕が酒いただいた時に、メルシーボクー!を言うとどうもフランス語解る人だと思ったようで、フランス語でいろいろぺらぺら、、、、

おもわずポカ〜ン、オレはしゃべれるふりだけは上手いのかな?それとも実は発音がばっちりだったのかなあ?
マルティニークは2003年にいったことあるがフランス語はさすがにちんぷんかんぷんであった。

というわけで、マンボバーの初夏寸前の新入荷ラムをお知らせします。


e0112048_20515785.jpg



左から、SAO CAN (キューバ) SANTIAGO DE CUBA 7年 (キューバ) POT STILL (ギアナ、デメララ)

サオカンはキューバのアグアルディエンテ、アグアリディエンテとは焼酎の意味、一回だけの蒸留で樽熟成なしのいわばラム酒の直前段階の酒。
シングル600円

サンチアゴ・デ・クーバ7年は、マンボバー開店時にキューバから自分で購入し持参したのがそろそろ無くなるところだったので入手できラッキーでした。
シングル900円

ポットスティルは1992年蒸留後、有名なアイラモルトウィスキーのラフロイグの古樽で長期熟成の逸品。
デメラララムらしい力強さと芳香な香りがばっちりですよ、シングル1200円。
[PR]
by mambo-bar | 2007-06-04 21:06 | MAMBOBAR