カテゴリ:MUSIC TALK( 5 )

2003年にニューオリンズを訪れた、生涯でこれで3回目。
北米大陸では最大級の音楽祭である有名な、ジャズ&ヘリテイジフェスティバルをやっと初めて見に行ったのだが、縁とは異なもの、ギタリストであるアールキングがちょうど亡くなり葬儀に参列することができた。

アールキング、Earl KIng、かつてからレコードなどで愛聴していたアーティストの葬儀に立ち会うなど、想像もできなかった、当たり前か。

彼は50年代から活躍してきたベテランミュージシャンで曲も他のミュージシャンにも提供している、ドクタージョンとは古くからの盟友だ。

音楽の街、ニューオリンズ、そこの葬儀は一風変わっているというか他にはなかなかない葬儀で有名だ、今回初めて僕も体験したのだが、これは生涯で屈指の音楽体験のひとつだったといっていいだろう。

葬式はたしかギャリエホールといったか?コロニアル調のとても立派な建物の一室であった。

葬式といっても棺に入った故人を囲みいろいろな方が挨拶をするだけのものなのだが、さすがはニューオリンズのミュージシャン達、やはり歌を歌ったりする。

おなじみのトラッド、”DOWN BY THE RIVER SIDE"を静かに合唱。

特にすごかったのは、ゴールデンボイスの持ち主、アーロンネヴィルの歌が聞けた。
しかも肉声で、
アメイジンググレイス、アベマリア、など18番のスピリチュアルソングをアーロンが歌う。

僕ら日本人数人はさすがにその一室まではいっぱいで入れなかった、入り口の人ごみごしに、しずかにアーロンの肉声の歌声が届いてくる。
かあ、なあんてきめ細かな歌なんだ。
彼の歌が好きな方ならそれが肉声で聞こえてくるなど、どれだけのものか想像出来るでしょう。

今回、映像を撮っていたので編集して公開しました、残念ながらアーロンの歌は撮ってませんでした。

5分ほどのムービーを前半、後半で二本です。






有名なニューオリンズの葬式、音楽家は仲間の手で音楽で送り出されます。
葬儀後、セカンドラインといわれる、パレード。
なんと霊柩車(今回は馬車)をブラスバンドが先頭で街中を練り歩く。

マルディグラインディアンというブラックインディアンのチームもタンバリン片手に加わっていた、壮麗な羽衣装で。
先頭のグランドマーシャルという総指揮をとるのはドクタージョンだったらしい。

棺が出て来た時と目的地(今回はルイアームストロング公園の入り口)に着いた時はレクイエムを深く重く奏でるが、行進がはじまると様々なアップテンポの曲になる。

ニューオリンズの音楽はどこか暢気で明るい、傍目には楽しんでやっているようにも見えるが、いやいやどうして、みな何かに取り憑かれた様ながむしゃらな演奏でした。

多くの人たちがパレードに加わる、もうすごい規模。

街中に響きわたる強力なブラス、シンコペートするパーカッションがグルーヴを叩き込む、街全体に刻み込むかのように音がどこまでも広がって行く。
人間がみな、なにか一丸となって音楽に向って行ってるよう感じだった。


これは彼らのなんだか死生観なのかなと思った。
音楽は自分達の肉体と精神の一部、生きている事の何か確認のような気がしたな。

アメリカ人のみなはアールキングの亡骸に十字をきっっていたが、日本人でクリスチャンでもない僕はそのお顔に手を合わせてきました。


どうぞムービーをゆっくりご覧下さい。
[PR]
by mambo-bar | 2007-02-24 05:08 | MUSIC TALK
e0112048_21484950.jpg


昨日、午後に友人のK君から電話があり、今から友人の家にガンボをごちそうに誘われてるので一緒にどう?とのこと。

聞いたら最近出版された本で、”ガンボ!—ジャズの生地、ニューオーリンズに万感の思いを込めて ”を書いた泉けいさんのお誘いとのことだった。

それで店出勤前にガンボをもちろんごちそうになってしまった。

ガンボとは?

英語でGUMBO、米国はニューオリンズの名物郷土料理で、オクラのごった煮シチューかな?こういう外国の料理は日本の料理文化と違うもので、こんないいかたで想像できるでしょうか。

ルーを作り、香味野菜いろいろとトマトなど入れ、香辛料そしてオクラを大量にいれる。
様々なバリエーションもあり、店や家庭によっても違う。
カニが入るのはスタンダードのようだが、他にエビ、鳥肉、ザリガニ、牡蠣などもあるがワニ肉ってのも聞いた事がある、決まりは無いみたいだな。
ルイジアナ州は米も食べるので米が野菜の具の様な感じでもはいる。
ちなみにニューオリンズの料理は米料理は多い、旅行で行く日本人的にはありがたい。

オクラのとろみと香辛料等がなんともいえないエキゾチックな深みを感じさせる、
まさに”雑多な深さ”この町らしい料理だ。


音楽の町、ニューオリンズの音楽は実に多彩で様々、ニューオリンズジャズ、デキシー、ザディコ、ケイジャン、リズム&ブルース、スワンプ、セカンドラインファンク、ブラスバンド、ゴスペル、ソウル、もうきりがない。

音楽も雑多なごった煮、ガンボもそうだみたいな表現をすることもある。
それに、このガンボを歌にした曲も沢山ある、ガンボを歌った曲を演奏したことないミュージシャンなんて、この町にはいない。

で、ごちそうさまでした!

泉けいさんは何年もニューオリンズに住まわれてたそうだ、僕もこの本は先日買った、まだ最初しか読んでないけど、これから読むのが楽しみ。

なんとかこのガンボって料理を日本でも盛り上げましょう!で意見一致。

僕はニューオリンズは過去三回いってる、人生と切っても切れない町のひとつだ。
初めて行ったのは1988年夏、当時20代なかばの僕は生まれて初めての飛行機&海外、もちろん1人、シカゴブルースフェスティバルを見てからグレイハウンドバスでいろいろ巡りながら目的地はニューオリンズだった、なつかしいなあ。

その写真をそろそろデジタル化して公開もしよう、ネガ紛失だからこのままだとほんとになくなってしまうし。



ニューオリンズの人たちは音楽なしの人生なんてありえない、ガンボもね。
生活の傍らにいつも音楽がある、ん〜くさいなこんなじゃないな、
とにかくあそこの人たちはずっと昔からそしてこれからも音楽のない人生なんてありえないでしょう。
そんなニューオリンズ滞在の様々なナマな話が詰まっている本、興味ある方はぜひおすすめです。

ガンボの写真!↓



e0112048_1442083.jpg

[PR]
by mambo-bar | 2007-02-22 01:57 | MUSIC TALK
今日、なんか昨日の余韻で、レコードを買ってしまった。


で、ポップス、ポップスポップスと、ポップス症候群。

高田馬場、老舗中古レコード屋のTへ、、、

シングル盤五枚買って御会計は1500円!
安い!

今日、店で早速かけるが、、、、、、

結構はずしてしまった、、、かも、、、苦苦苦苦、、、

なんかだいぶまずい世界にはまってるかもしれない、、、



で、何買ったかというとですね?

昨日に続き、

MAUREEN McGOVERN
"EVEN BETTER THAN I KNOW MYSELF"
邦題わたしの勲章(だっせータイトルだなあ)

THE BEE GEES
"MELODY FAIR"

CARPENTERS
"I WON'T LAST A DAY WITHOUT YOU"

TANYA TUCKER
"HELLO MR SUNSHINE"
"A ROCK'N ROLL GIRL FROM ALASKA"



e0112048_3292194.jpg







いやあ、ばかなチョイスだなあ、、


昨日の続きでモーリンマクギャバン、
ポスト・バーブラストライサンドってかんじで思いっきりバラードだったんですが、ん〜普通だなあ、、、、
大体そんなに歌唱力がある人でもないからな、力技で攻めてる感じしちゃう。
曲調、アレンジともに普通なのでねえ、もう少し昨日紹介した曲のように(紹介って、まだ誰も聞けてないだろうけど)、曲と音に特徴があって、尚かつ歌手のカラーに合うような作品でないと、ベタかな、たとえミディアムスローの曲でもリズムが少しはしっかりと入ってる音のほうが合うかもな。

ビージーズ、映画小さな恋のメロディーの主題歌。
好きな曲なのだが、さすがに店で聞いてたらこっぱづかしかったわい。
でも、改めて聞くといい録音でした、前から分かってはいた事だけども、ビートルズの影響ありありでね、ギターとかベースの音とかの入り方とかストリングスとかもうかなりパクってる。
まあ、面白い。

カーペンターズ。
邦題は”愛は夢の中に”
シンガーソングライターのポールウィリアムスの名曲。
いんやあいいですよ、やっぱ。
つくづくカレンは素晴らしいシンガーです。
数年前に少しカーペンターズのブームがあってベスト盤でたり日本人でカバーする人がでたりしましたね。

カレンカーペンターって女性としては結構キー低めですよね。
男の僕でもどうにか届いちゃう。
あのキーであれだけさらりとして、軽妙で伸びやかな感じで歌えちゃう。
日本の女性歌手の場合、ハイトーンはきれいなんだけど、下が弱い人が比較的多い、こういう曲とか歌うとドスのきいた感じとかになりがち。
出だしのつぶやくような歌い方はもう最高!
シングル晩だと音も太く鮮明だからいかに歌がきれいな粒ぞろいかよくわかっちゃう。

で、B面に“ONE LOVE"ってあった、うお、すごいなボブマーリーかあ?カーペンターズついにレゲエもやるのかと思ったら、全然違ってた、普通にバラードでした。


タニヤタッカーを二枚。
ハローミスターサンシャイン、売れましたね、僕が小学生の時に。
もう一枚、”アラスカロックの風が吹く”
もうどちらもただの”ナツメロ”ですねえ、、、、
でもいなたくて70年代な音でした。
で、アラスカ〜、ジャケがもうベタベタです、ダササ300%、まさに70年代!




モーリンマクギャバンの映像、YOU TUBEで探したらいいのがありました。

映画タワーリング・インフェルノの編集したクリップとサントラの挿入歌(レコードと別テイクでした)合わせた映像です。
だれか作ったのですねえ、いい映画に素晴らしい曲と歌、こうなるともうなにも言葉は必要ないですね。
この映画とこの曲、この時代のにおいの好きな方はハンカチ持参でみてください(笑)
歌う彼女の姿も写っています。

http://www.youtube.com/watch?v=XzZ63b-gOOk


同じく誰かが編集したパターンでこちらは映画ポセイドン・アドベンチャー、テーマ曲のThe Morning After付きです。

http://www.youtube.com/watch?v=bcLazPauA1c

http://www.youtube.com/watch?v=VGj6hvsP_hc


米テレビドラマで、アンジーというのがあったらしい、そのオープニングとテーマ曲、ホームコメディみたいだけど僕は見た記憶がないなあ、日本は未公開かな。
でも曲がいいです、フィリーソウル風でと〜ってもゴージャス!
もう70年代のにおいと光がプンプンでございます。

http://www.youtube.com/watch?v=1C0cw_2hmwQ


いやあ、映画ってほんと〜にいいものですね、サヨナラ!サヨナラ!サヨナラ!
[PR]
by mambo-bar | 2007-01-27 03:32 | MUSIC TALK
たまにはレコードの話、シングル盤、7INCH。

お気に入りの一枚、サウンドトラックです、ニューオリンズでもマンボでもありません、70年代のPOPSです。

e0112048_322324.jpg


















映画タワーリングインフェルノのテーマ曲、

"WE MAY NEVER LOVE LIKE THIS AGAIN"

ん〜〜素晴らしい曲だ、何度も聞き返してしまうわい。
こういうのを聞くとポップス好きの心が動く、
ついついカーペンターズもかけてしまった、、、


歌手は"MAUREEN McGOVERN"日本では無名ですね、70年代に映画のテーマ曲をいくつか歌っている。

有名なのは映画ポセイドンアドベンチャーのテーマ曲、
"THE MORNING AFTER"はオスカーの主題歌賞を受賞して大ヒットした。

さすが70年代の映画主題歌、とにかくドラマチック!
情熱的な歌唱なのだが正直上手すぎず、それがまたこの時代のにおいがぷんぷんしてくる仕上がりになっている、じ〜つに艶やか!

これのB面の曲がまたいい。

"IF I WROTE YOU A SONG"

ポップボサですね、バートバカラックやA&Mサウンドを意識した作品。

ネットでちと情報集めたらオフィシャルサイト発見
音楽かかるからアクセスする時はボリュームに注意です。

http://www.maureenmcgovern.com/

アルバムも結構だしてたようで、サンプルも少し聞けます。
ブロードウェイミュージカルもやっていたようです。
でも、後年の作品はちとべたかな〜という印象を受けてしまった。
なんなのかなこのシングル盤のような”あやうい艶やかさ”とでもいうかな。
やっぱり70年代の音はちと特別ですなあ。

さあ、この曲聞くには、MAMBO BARです。

映画ももちいいですよ、タワーリングインフェルノ、スティーブマックィーン好きの私にはたまらんわい。
もしまだ見た事無い方は見てください、最初のほうのパーティー会場のシーンで彼女がテーマ曲歌っているのが見れます。


あああ、久しぶりに見たいな、、、、、
[PR]
by mambo-bar | 2007-01-26 03:26 | MUSIC TALK
めずらしく楽器の話、といってもここ新しいブログだからな、めずらしいもなにも、
見ていただいてる方には初めての方も多いのでしょう。

e0112048_2226851.jpg

今日、ベースアンプを買った、自宅練習用、IBANESの10W、しめて6980円、安い!、出勤前に少しだけ音も出してみた、愛機BB-3000で。
10W、家でなら十分、これで練習不足に少しは歯止めがきかせられるか?


以前、ネットオークションで買った国産エルクのベースアンプを持っている、これは今店においてあるのだが、ひっぱりだしてみた、少し時間あれば店でも練習くらいしよう!
このアンプがまた苦労したのです、落札して届いて鳴らしてみると、、、、
ちこっとしか音がでない、、、、、

おおお〜こわれてんのかあ???

ボリュームフルにしてもヘッドフォンから聞こえるくらいしか音が出ない、、、

さあ、どうしたもんか、クレームつけて返品かとなやんだ、
出品したのはリサイクル業の方、まあ、楽器の知識は乏しいかもしれん、
だけど、70年代か80年代初めの品物、とても古いのにキズ汚れも少なく、極めて美品だったのでなんとかなおそうと決意!

友人のトランペッター、マスターマイルスDEVILの助けで、ビンテージオーディオ屋とかもっててとりあえず鳴るようにはなった。

が、今度は音がスゲー歪んでる、オーバードライブかましたような音、
まるでクリーム時代のジャックブルース!フィードバックもしちゃう!

また友人のマスターマイルスDEVILの助けで電解コンデンサーを全て交換!
もう1台もってたグヤトーンのアンプからスピーカーも交換。
鳴りは良くなったが音は変わらない、で、楽器屋に持っていく(最初からそうすりゃいいだろよ)見てもらうと

”これは昔のアンプだからこういう音ですよ、故障じゃないです”

あらららら、、そうか、

む〜諦めて使ってるが、自分の好みの音でない。
ネットーオークションにも何回か出すが(2まんえんで)売れない、、、

e0112048_22283149.jpg

だれか二万円で買いませんか?
FENDERを意識したステンレスシルバーのフロントパネルが70年代を彷彿とさせますねえ、、、かっちょええ。

いいですよ〜完全チューンナップ済み、ガリノイズはゼロ!
ブーブードライブした音が好みの方にはばっちりですな。

で、写真にはさらに愛機、アンペグAEB-1ビンテージでございますよ、これは売りません。
これの話はまたの機会に、あああ練習をしよう!


21日に日曜に、友人も店、池袋バレルハウスで初のブルースセッションがある、
休みだしいってみようかなと、
わがバンド、DIXIE CLOWNSのメンバーにも打診するがみなNGであった。
だれか誘ってみよ。
[PR]
by mambo-bar | 2007-01-15 22:37 | MUSIC TALK