カテゴリ:旅行のはなし( 4 )

マンボバーのメニューにはスパゲティ・ナポリタンがあります、そう、ケチャップ味のいわゆるナポリタン!

他にパスタはアラビアータとかもあるのですが、やはりナポリタン!

実はキューバにもスパゲティ・ナポリタンがあるのです、これは初めて見たときはびっくり!
名前はそのまま、SPAGETTIE NAPORITAN だったかな?スペル違うかもしれませんが、
これがちょっとしたレストランや街のピザスタンドとかでよく売ってる。

日本のナポリタンは玉葱などの野菜に缶詰のマッシュルーム、ベーコンかハムにケチャップどかどかばっちりなのがスタンダードですね、これに往年の喫茶店王道スタイルですと、クラフトのパルメザンテーズとタバスコをどかどかかけて食べる、ん〜〜10代のころを思い出しますね、お〜年がばれるな。
イタリアのパスタにアメリカのケチャップ入れて焼きそばのように炒めて、やはりアメリカはルイジアナの特産品のタバスコをかけるなんて、イタリア人にはさぞびっくりでしょう、アルデンテなんてみじんも無い、こんなところに日本人の食に対する好奇心の強さを感じてしまうなあ、、、

で、キューバのナポリタンですが、またこれが美味しくも何ともない、いやはっきり不味い。
まず、徹底的に茹でてある、まさに『わたくし、もうこれ以上一秒たりとも茹でていただくわけにはまいりませんわ』とシロガネーゼチックなセリフで夢にパスタおばけがでてきそうなほどなのです。
そう、学校給食のソフト麺みたいな感じ。

それに、またど〜でもいいイージーなトマトソースがべしゃべしゃかかってる、もちオリーブオイルを使ってる形跡は無し、しかも水っぽい。
その上に、チーズが、、、パルメザンチーズではないですよ、安いプロセスチーズのシュレッド(チーズの切り方で薄細切り、よくピザには使います)がこれでもか!ってかかってる、もうパスタもソースも見えないくらい。



貧乏な旅行だからよく食べました、安いとこだと日本円で100円以下のとこもあったな、キューバ人も皆よく食べてます。
これが、証拠写真です。
e0112048_16471193.jpg



だいたいメキシコやアメリカもスパゲティはひどい、ショートパスタと区別ないのだろうな、麺料理に関して違いがわかるのは、イタリア人と我々極東アジアの人だけなのだろうか。

一度、ハバナの中華街(またこれがすげ〜インチキ中華街!)の裏あたりに、いいイタリア料理屋があるといわれ、よせばいいのにカルボナーラ食べたこともありましたな。
てんこ盛りでなんか馬のえさかあってほど沢山、で、なんか甘くて、ただの炒り卵スパゲティだった、、、、
そう、こんなスパゲティには名前をつけました、名付けて『ウルトラ・スパゲティ』
[PR]
とっておきの映像をまたひとつ公開しちゃいます。

キューバのハバナで行われたカーニバルの映像です。

2005年の2月でした、季節はいわゆる冬、南国キューバでも季節は一応冬ですが、とっても暑いです、さすがはカリブ海。

なかなかやったりやらなかったりのカーニバルらしく、遭遇できたのはかなりラッキーだったようです、特に最近はフィデル・カストロが健康を害したのでこういったおおっぴらなイベントは自粛傾向にあるらしいですね。

暑い、熱い、アツイ、キューバ人たち、とにかく熱狂です、カメラ持っての撮影もなかなか必死でした。




最後のほう、可愛いクバーナがなんとカメラにチュってしてくれてます、う〜んなんて素晴らしい、、、
[PR]
昨日ブログに書いた、シューバルプア、このexiciteのドガログにすればブログに貼れるのが判明、フラッシュなのでYou Tube より画質もいい!(といっても基のデジカメの動画の画質がよくないが)
どうぞご覧下さい。




ニューオリンズやキューバ。カリブ海のまだまだ動画コンテンツあります、
ゆっくりですが公開予定です!
[PR]

e0112048_029275.jpg

ビデオを編集してYOU TUBEにアップしてみた。
2003年にいったニューオリンズ、ジャズフェスの会場であった、回転木馬です。


カリブ海はマルティニークというフランス領の島からのアトラクションで、シューバルプアというそうだ、スペルはCHOUVAL PWA でフランス語、意味は回転木馬、そのままやん!
写真はその年にマルティニークへ行ったときのです、カフェの入り口、ラムーニというラム酒の看板がかっこいい。



なんとも素敵なこの回転木馬、手彫りでカラフルかつちっちゃい木馬や馬車。



しかも、なんと人力!真ん中にはバンドが入る。
人が手で押しだすと、バンドの演奏もスタート、アコーデオン、ベース、ギター、パーカツがゆったりとマルティニークのリズムを叩きだす。
スピードが上がると演奏のテンポもこころもち早くなる、ゆるやかで元気一杯なフレンチカリブのビートと木馬のゆれに身を任す瞬間はもうなかなか”夢心地”な瞬間です。


むむむ、このブログにYou Tubeの映像をそのまま貼ろうとしたらセキュリティの問題でできないそうだ、、残念、仕方がないので以下のURLへアクセスして見てください。


http://www.youtube.com/watch?v=NaVyRct1kfA
[PR]